ですが、血液中のホルモン値調査してみても別段異常なことはなくそれ以外に理由があるのではないことをされて行きました。

最近有力な説にセロトニン減少説があります。

セロトニン減少説というは脳内の神経伝達物質のひとつであるセロトニンが減少してきてしまうということです。

セロトニンが減るのは生理前に黄体ホルモン分泌が多くなることからセロトニンを使う量増えてしまって相対的にセロトニンの値が低下していきます。

それで情緒不安定になると考えられています。

生理前の喧嘩はPMS

イライラ落ち込みにはセントジョーンズワート西洋オトギリソウといわれた脳知っているかもしれません。

実はヨーロッパでは昔から不眠症やうつ病ヒステリーなどの民間療法として使われていて今ではイライラや不安を軽くするハーブとしてたし親しまれています。

ドイツでは処方薬として使われています。

東日本では効果効能の定かでないことからサプリメントとして取り扱われています。

ですが、サプリメントだからといって何も他に影響するものがないというわけではなく血液凝固を防ぐ薬や強心剤光電管材や避妊薬SSRIなどと相互作用起こして減弱する可能性があります。

ですので、セントジョーンズワート飲む方は飲んでいる薬はこれから飲もうとしている薬に作用を減弱する可能性がないのかをチェックしておく必要があります。

生理前は整理整頓掃除が好きになる方もいます。

急に掃除をたくさんするになったり熱心に物の整理を行ったりこれは黄体ホルモンが原因だとされています。

妊婦さんなかでは妊娠した後仕切りで掃除をしたくなってしまって掃除症候群という名前がついているほどですが、それと同じことが毎月の生理で覚える方もいます。

気持ちの落ち着く薬と有害SSRI抗うつ剤とも呼ばれています。

それ以外抗不安剤なども使われています。

SSRIはセロトニン補う薬で選択的セロトニン再取り込み阻害薬といいます。

抗うつ剤の中では比較的副作用がマイルなどで一般的に使われています。

生理前には抗うつ剤

婦人科内科でもよく使われています。

抗うつ剤は飲み始めてすぐに効くわけではなくに3週間待たないと効果が現れません。

ですが、最近ではすぐに効く抗うつ剤も開発されています。

生理前はイライラして口調がきつくなることがよくあります。

自分でもすぐわかるので相手に生理前だからという風にいうと受け流してくれるのでとてもありがたいです。

自分でも動じないことなので仕方ないと割り切ることも必要だと思います。

私の場合不機嫌になりますが、それ以上に食べ物は食べたくなります。

負担はいっぱいじゃ食べないのに2号を食べてしまったり菓子パンやクッキーチョコレートの様なものを大量に食べてしまいますし、ごにちかんこのような状態が続くのでせっかくダイエットしていても全く意味がなくなってしまいます。

生理前に食欲旺盛になったり味の好みが変わったりするのは黄体ホルモンが分泌されていて妊娠の準備を仕事しているからだといわれています。

妊娠する前は栄養を溜め込まないといけません。

そのため食欲が盛んになるということもいわれています。

黄体ホルモンがたくさん分泌されているときは普段より1割カロリーを摂りすぎたり炭水化物八郷をたくさん食べたくなります。